学びの環境をバックアップ

新着リスト

小学校受験で親ができる事

大切な子どもの将来のために、小学校受験をさせている親御さんたちが増えています。小学校受験を検討しているそのほとんどのご家庭では、「小学校受験のためのお勉強」をさせるために塾や幼児教室などに子どもを通わせています。そんな教室では基本的なマナーはもちろん、幼児教室ならではの集団生活をするための友達との関わり方などから学んでいきます。さらに受けさせてあげたい小学校のそれぞれの傾向などの情報を教えてもらうこともあります。
幼児教室では小学校受験を近くに控えると、本番さながらの模擬試験を行っているところも多いのでリハーサルとしてしっかりと練習を重ねていくことができます。しかし、小学校受験は子どものみではなく親御さんも揃って面接をします。ですので親としてできる事は、受験用の服をしっかりと決めておくこと、しっかり落ち着いて面接を受ける事になります。
毎月の授業料や、一回あたりの模擬試験の料金などは幼児教室によってまちまちなので個人差はありますが、トータルでいうと費用はおよそ50万から300万円前後はみておきましょう。お金を掛けずに合格することが一番ですが、子どものやりたいことなどもしっかりと話し合うことも大切です。

叱らない子育て

例えば高校受験になると、全て子どもに任せているという親御さんも少なくはありません。大人になるに従い、段々と自分の進路に対しても責任を持つようになるからです。しかし、小学校受験の場合は話が違います。子どもの能力だけではなく、親の子育て能力を見られてしまうからです。実際、同じくらいの能力を持っている子どもでも子育てや躾が出来ているかどうかはそれぞれの家庭によって異なりますよね。子どもだけではなく親もチェックされてしまうのが小学校受験なのです。
では、小学校受験のために親はどんなことをすれば良いのでしょうか。基本的にはのびのびと育てることも大切。よく失敗してしまいがちなのが、うまく出来なくてイライラしてしまうことです。
「もっと出来るはず」「お母さん悲しい」「イライラさせないで」こういうネガティブな言葉をかけられると、子どもの思考というのは停止してしまいます。やりたいことを思い切りやってみる。天才と呼ばれる人達の親は、とにかく叱らない子育てをしています。
どうしてもダメな時、叱ってしまいそうな時は子どもに「あなたにはそれをする権利が無い」と答えてあげましょう。ただ怒られるだけでは子どもは納得しません。そうやって子どもが納得出来るように答えていくことが小学校受験には大切なのです。

名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 小学校受験をお考えなら伸芽会までご相談を

ニュース

2017/08/28
試験前に押さえておきたい常識を更新しました。
2017/08/28
日本の受験社会サバイバルを更新しました。
2017/08/28
周囲の刺激が子供を育てるを更新しました。
2017/08/28
より受験を有利にするセオリーを更新しました。