周囲の刺激が子供を育てる

環境に投資するという側面

子供にとって小学校受験を行うメリットにはどのようなものがあるでしょうか。一つには小学校入学前という早い段階から勉強を始めることによって勉強をする習慣をつけることができるということが挙げられます。また、ほかの子供たちと比較しても早い段階から勉強をスタートしているためリードした状況にいられるというメリットがあるのです。小学校レベルの勉強であれば、頭の良しあし以前にどれだけ早くから準備をしていたかが大きな影響を与えます。親が子供にしてあげられることとして、小学校受験に取り組ませることはスムーズに学業を進めていくためのきっかけとなるのです。
また、小学校受験を行い、進学校とされる小学校に進むことは子どもの人生において重要な意味を持ちます。勉強をすることが当たり前の環境が用意されているため、より上を目指して努力を続けていくことができるのです。勉強に熱心に取り組んでいるからと言って不自然に見られることがないということはとても大きなメリットです。このように小学校受験では環境に投資するという側面も持ち合わせているのです。
他にも、受験勉強に取り組む中で親子のコミュニケーションが増加したり、規則正しい生活を送れるようになるという面もあります。

同じような人たちとの出会いが魅力

小学校受験は、中学受験ほどは一般化していません。中学受験の割合が高いと言われている東京においてもそのような状況です。また、中学受験とは違い、一部の有名私立大学の附属小学校を除いては大学進学などへのメリットもさほどありません。それではなぜ小学校から受験するのでしょうか。
小学校受験の大きなメリット、それは同じ学校同士に通う人脈の形成ではないでしょうか。
地域の公立小学校に通う一般的なルートではそこでの付き合いは地域単位となります。地域差はあるにしても、様々な家庭があります。
一方、受験してまで小学校に行くという家庭はかなり限られています。教育熱心であったり、金銭的に余裕があるという家庭がほとんどです。友達付き合いなど、同じような考えを持っていたり、金銭感覚を持っていたりする人たちとたくさん出会えるという点に魅力を感じる方が多いようです。
さらに、レベルの差はあってもやはり受験をしてきた子供たちです。学力的にも一定のレベルが求められます。このような要因から、大人になっても比較的恵まれた地位に就く可能性も高く、そのような付き合いを子供のころからできることが魅力と言えそうです。
また、受験できる地域は限られてきますが、一部に国立大学の附属小学校というものはあります。地域によっては東京などと比べると入学しやすい傾向にもあります。しかし、やはり入学してくる層は一定のレベルがあるようです。

ニュース

2017/08/28
試験前に押さえておきたい常識を更新しました。
2017/08/28
日本の受験社会サバイバルを更新しました。
2017/08/28
周囲の刺激が子供を育てるを更新しました。
2017/08/28
より受験を有利にするセオリーを更新しました。